使い切れなかった粉ミルクの使い道 その2 ~フレンチトースト~

使い切れなかった粉ミルクの使い道をあれこれ試しています。

 前回はグラタンに。

hitsuji-teki-mainiti.hatenablog.com

 

そして今回はフレンチトーストに。

f:id:madamhitsuji:20181209142824j:plain

見た目も味もフレンチトースト。どこからどう見ても、フレンチトースト。

うん。まぁ、つまり牛乳の替わりとして何でも使えるってことなんだな。

一応、レシピはこちらを参照。

cookpad.com

粉ミルク感はあまり出したくなかったので、粉ミルクの分量は80mlに減らし、食べるときにはちみつをかけようと思っていたので砂糖も入れませんでした。

出来上がりは思ったほど甘くなかったので、少し砂糖を入れてもよかったかな。

そっか、離乳食にもいいんですね。離乳食なら砂糖なしの方がいいかも。

 

たっぷり蒸しパン

出産後、とにかくお腹が空いています。

ご飯もたっぷり食べてますが、おやつも無いと無理…。

でもさすがにカロリーも気になるし、おっぱいがつまるのも困るので食べるものには気を付けないとなー…。

そんな話を、おっぱいマッサージの時にしたら助産師さんから

「蒸しパンなんてどう?」と。

湯飲み茶わんに作ったら簡単だし、大きくてたっぷり食べられるから満足感もあるよ、と。

そんなわけで、出産後初めてのお菓子作りです。

f:id:madamhitsuji:20181205210214j:plain

レシピはこちらを参照。

cookpad.com

アレンジした点は、牛乳が無かったので水で代用したのと、ホットケーキミックスはすでにほのかに甘いので砂糖を入れなかったことです。

家には余っている湯飲みはないので、コップで作りました。一応コップには薄くサラダ油を塗っておきました。

 

チビ羊が昼寝をしている間にそーーっと作りました。

蒸すまでの手順でかかった時間は15分ぐらい。最近のチビ羊は昼寝は1時間ぐらいですぐ目を覚ましてしまうのですが、チビ羊が目を覚ます前に作り終えることができました。ふー。

 

サラダ油をコップに塗っておいたおかげで、竹串でぶすっとさして引き抜くとスッポンと剥がれました。

サツマイモが入っているせいもあって、食べ応えあります。一つ食べただけで結構満足です。甘さも砂糖なしでちょうどよかったかな。

きっと、レーズンでもおいしいと思う。あと、あんこも試してみたい。本当は甘納豆入れたかったのですが、スーパーで甘納豆を探せなかったんですよね。甘納豆もおいしいと思うんだけどなー。

 

簡単で満足感たっぷりの大きい蒸しパン。

妊婦さん、授乳中ママさんにおススメおやつです。

図書館の絵本読み聞かせ『赤ちゃんタイム』に参加してきました

家の茶の間に寝転がっている時、チビ羊はよくついているテレビを凝視しています。

我が家はほぼNHKしかついておらず、面白いアニメや赤ちゃんが好きそうな番組ではないので、画面のピカピカした感じや動く絵に興味があるのかなぁ。

ただ、小さいうちはテレビはあまり見せたくない。。。(ただ、どうしても朝・昼・夕方のニュースは付けちゃうんですよね)

 

じゃあ、絵本ならどうだ?と思い、出産前に買ってあった絵本『いないいないばぁ』を見せてみました。
hitsuji-teki-mainiti.hatenablog.com

 

すると、結構見てるんじゃないか?という反応。

まだ、いないいないばぁ自体の理解は難しいと思うのですが、絵はなんか見ているような感じです。まんざらでもない。

これは、絵本の読み聞かせ…いいかもしれない、と思い、新潟市立中央図書館・ほんぽーとで毎週火曜日の午前中に行われている赤ちゃんへの読み聞かせに参加してきました。

以前から気になっていたんですよね。

 

この日の参加者は5-6名。参加は自由です。

対象は0~2歳ということで、チビ羊と同じくらいの月齢の子もいましたし、一人で座ったりはいはいしたりできる子もいました。

司書さんが選んだ絵本4冊と間に手遊びやスキンシップ遊びが入って20分ぐらい。

チビ羊は泣いたりせず、ご機嫌にその場で過ごすことができていました。絵本というよりは周りをキョロキョロしていることの方が多かったけど。あとなにやら「うーあー」一人だけおしゃべりしてたり。それでも、なんだか楽しい時間でした。

それに、司書さんが選んだ絵本。参考になります。その中の一冊を早速借りてきました。

あぶくたった―わらべうたえほん

あぶくたった―わらべうたえほん

 

 絵もかわいいし、言葉のリズムがとてもよく、多分聞いていて赤ちゃんも楽しいんではないかな、と思える絵本でした。

まだ月齢的にも小さいので、今は内容の理解、というよりはキレイな文章だったり、聞いていて楽しい音や言葉のリズムの絵本を読んであげたいのですが、何を選んでいいのか、わからなかったのです。

なのでこの本はピッタリ。素敵な本を紹介してもらいました。

 

いつもお家で二人で過ごすだけではつまらないので、これからもできるだけ参加したいな。

使い切れなかった粉ミルクの使い道 その1 ~グラタン~

3か月に入った頃からチビ羊の体重増加がいまいちなのでミルクを足し始めました。

…といっても、母乳を飲んだ後、眠ってしまうことも多く、またたくさんも飲めないようだったので1回20mlほどを1日2~3回程度。ほんのちょびっとです。

ただ、最初はミルクについて何もわからなかったので、何も考えず大きい缶の粉ミルクを買いました。

もちろん、余ってます。

粉ミルクって、常温保存で、開封してから1か月の消費期限があるんですよね。

お店でよく見たら同じメーカーの粉ミルクで小さい缶のも売っていて、あの時は全然気が付かなかったなぁ・・・と残念がっています。

この大量ミルクは捨てるしかないのか…と思っていましたが、最後の悪あがき。

もしかして何かに使えないかしら?と思い、クックパッド先生に聞いてみましたら、さすがクックパッド先生!!

皆さん、考えることは同じなんですねー。『粉ミルク大量消費』に関するレシピがたくさんありました。

 

その中から、グラタンにレッツ・チャレンジ!

cookpad.com

コンソメや塩コショウで味付けするせいもあってか、粉ミルク感はほぼ感じません。

でも粉ミルクの甘さは少し感じられる、ほんのり甘めのホワイトソースができました。

夫に、「このホワイトソースは何でできていると思う?」と聞いても「おから?」と明後日の答えが返ってくるくらい、粉ミルクだとは気が付かなかった様子。(ちなみにおからは私が今はまっている食材)

 

意外といけるな、と手ごたえを得たので、今度はお菓子に挑戦してみようと思っています。

 

【育児中の一日】2か月目

さて、チビ羊もあと1週間で3か月に入ろうとしています。

2か月目はどんな風に一日を過ごしていたか、記録しておきます。

 

ちなみに1か月目はこんな感じでした。

hitsuji-teki-mainiti.hatenablog.com

 

6:00~7:00 起床、おむつ替え、授乳→寝室から居間へ移動

6:30~7:30 私朝食、夫見送り、洗濯機まわす

7:30~8:00 保湿クリーム・薬などぬりぬり(身体)、おむつ替え、授乳

8:30~9:00 掃除

9:30~10:00 保湿クリーム・薬などぬりぬり(顔)、おむつ替え、授乳

10:00~10:30 チビ羊朝寝、家事あれこれ(朝食後片付け、洗濯干し、お風呂洗いなど)、ブログ更新、編み物など

11:30~12:00 おむつ替え、授乳

12:00    私昼食

13:00    おむつ替え、授乳、チビ羊とスキンシップ遊びなど

14:00~14:30 おむつ替え、、授乳

15:00    お散歩    

16:00    お米とぎ、おむつ替え、授乳→お風呂

16:30    保湿クリーム・薬などぬりぬり(身体)、授乳

17:30    夕食準備

18:00    夫帰宅、夕食

19:00    保湿クリーム・薬などぬりぬり(顔)、おむつ替え、授乳、寝かしつけ、そのまま一緒に寝てしまうこと多い

21:00    私お風呂入る

22:00~23:00 おむつ替え、授乳、就寝

2:00~3:00 おむつ替え、授乳

 

大体、こんな感じです。

朝起きた直後から1-2時間をゴールデンタイムと呼んでおり、ものすごい機嫌が良いです。ニコニコしたりして反応もとても良いし、なにやら大きな声でおしゃべりすることが増えました。楽しそうにおしゃべりしていたり、時には不満を伝えているようなこともあります。見ていて飽きません。

 

2か月目の変化ポイントをまとめておきます。

≪授乳≫

日中の授乳間隔は1時間から1時間半置きで、夜間は寝かしつけ時、私が就寝する前、そのあとは夜中に1回か2回、次は朝起きるとき。そんな感じで、トータル10~12回くらいです。体重増加が心配なので、まだ頻回にあげるようにしています。それでも、夜間寝る時間が長くなってきて、4~5時間ぐらい空くことも出てきました。

≪睡眠≫

朝寝は1~2時間ぐらいぐっすりしますが、昼寝はほとんどしません。

お散歩のときにスリングの中で寝るぐらい。

そして、夜は一度寝たら長い時間寝るようになってきました。大体4,5時間は連続で寝れると思います。22:00頃の授乳は寝込みを襲って授乳しているので、起こさなければそのまま寝ていると思います。母の体もだいぶ楽です。

≪寝かしつけ≫

夜の寝かしつけはずいぶん楽になりました。寝室に移動して、おっぱいをあげていたら30分ぐらいで寝付きます。おくるみで、ギュっと巻いているのも寝つきの良さに関係しているような気がします。

1か月の時は『お風呂→寝る』の流れを作りたいと思っていましたが、それはあきらめました。以前は夫にお風呂に入れてもらっていたのですが、夫の帰りが遅いときもあったり、日が落ちるのも早くなってきたので、平日は明るいうちに私が入れるようになったため、その流れをつくることが難しくなったのです。

私がお風呂に入れるようになったのは、夫をあてにしたスケジュールを組んでいると、崩れた時のダメージが大きいことも理由のひとつです。急な残業等で、帰りが遅くなった時に困ることがたびたび出てきたので、私ができるような流れを作っておいた方がいいな、と感じました。

 

≪課題≫

夕食時がやっぱりぐずぐずしてしまって、夫婦そろって食事がなかなかできません。

チビ羊もちょうど眠たくてぐずぐずしているんだと思います。

以前は『寝かしつけ→食事』にしていたこともありましたが、寝かしつけに時間がかかっていた(7:00から10:00ぐらいまでかかっていたことも)ので、夕食を先にしてゆっくり寝かしつける、という流れにした経緯があります。

でも、最近はスッと寝てくれるので、もしかするとまた『寝かしつけ→食事』の方がいいかもしれない、と思っています。

そう考えると、散歩の後、授乳して少し間を持たせて、その間に夕食準備などしてしまい、お風呂の時間をもう少し遅くして5時過ぎにして、6:30~7:00に寝かしつけ、という流れでもいいのかな。

 

3か月はそんな感じで過ごすかもしれません。

【買わなくてもよかった物】紙おむつ

出産から早2か月が経ちましたが、出産準備で買ってよかったもの、買わなくてもよかったもの等も思いついたものから少しずつ記録しておこうと思います。

 

【買わなくてもよかったもの】

紙おむつ

 

新生児用はすぐサイズアウトする、という話を聞いていたのでたくさんは買わなくてもいいかな、と思って控えめに新生児用1袋、Sサイズ1袋を買っておきました。

出産後は自由に買い物に行けないとも思っていたので、最低限と思って。

でも、実際はこれすらも買わなくてもよかったかも、と思っています。

 

…というのも、まず、出産した病院で結構おむつが頂けます。私が出産した病院では新生児用おむつを3袋頂きました。

あと、おむつって結構好き嫌いがあります。出産前はどのおむつも一緒だろう、と思っていましたが、取り替えやすさや素材など結構好みがわかれることを知りました。

なので、まずは病院などから頂いたおむつで色々試してから自分で購入するのがいいと思います。

実際、事前に買っておいた某メーカーのおむつをすると、チビ羊はお尻がかぶれてしまうことがわかり、結局別のおむつに変えました。

現在は付け心地とチビ羊のお尻との相性で、ムーニーに落ち着いています。母的にはムーニーはお尻の丸い形と背中のギャザーが気に入っています。

 

それに、チビ羊がSサイズに格上げしたのは約1か月ぐらいでしたので、前もってSサイズを買っておく必要も全然なかったと思いました。しかも、お尻に合わないメーカーのおむつを。

 

使用して、様子を見てから買う、で十分でしたね。

おっぱいマッサージを受けました

今までのところ、なんとか完全母乳でチビ羊を育てていますが、2週間に1回ぐらいの頻度でおっぱいが詰まってカチカチになってしまうトラブルを抱えています。

おっぱいがカチカチに張ってしまうと、途端にQOLが下がります。

もう、一日おっぱいの事しか考えられず、一日中おっぱいを触っている感じ。

痛くて何もしたくないし、外出もしたくない…。

 

そうなってしまったら、これまではお風呂に入って自己流マッサージしながら搾り、チビ羊に吸ってもらうことでなんとかカチカチ状態を解消してきました。だけど、どうもまぐれな気がしており、母乳外来にかかった方がいいかな、と思っていました。

でも、母乳外来って診てもらいたいときはカチカチに張って痛いときだけど、予約をとってもすぐ診てもらえるわけではないんだろうと思い、かかるタイミングが良くわからなかったんですよね。

 

だけど今回は2日ぐらい解消しなかったので思い切って電話してみました。

予約は翌日とれましたが、電話をかけたその日にチビ羊が吸っているときにカチカチが解消されちゃったんですよね。

まぁ、頻繫に繰り返すし相談だけしてこようと思って行ってきました。

 

ところが、マッサージしてもらうと出るわ、出るわ。古い母乳がぴゅーぴゅーと。

しかも、私的にはふわふわおっぱいの状態で来たつもりだったのに、

「羊女さんのおっぱいはすごく硬いんですよ」

と言われ、1回の施術では全てを改善することはできず、また来ることになりました。

でも、マッサージ後のおっぱいは信じられないくらいフワフワ。というか、くにゃくにゃ。奥には確かにまだ固いものがありますが、今までのおっぱいは何だったの...。

なんだか、肩も軽くなったような気がします。

出産して随分巨乳になったわ、と思っていたけど、もしかするとあれは単に古い母乳が溜まっていただけだったのかも...

こんなことならば、カチカチの時に診てもらおう、とか思っていないで、早く診てもらえばよかったです。

 

 

ところが、チビ羊はおっぱいの変わりように驚いたのか…はわかりませんが、しばらくおっぱいを飲ませようとするとギャン泣き。

可哀そうに、ふわふわおっぱいから新鮮母乳が飲めるにも関わらず、カチカチおっぱいに慣れ親しんでしまったチビ羊はそれが当たり前になってしまっていたのかしら…?

3回目ぐらいからはいつも通り飲み始めてくれました。

すまんな…チビ羊よ。

 

マッサージの他にも母乳の飲ませ方等も教えていただきました。

どうも、今まで本やネットで調べてきた情報と違うことも多くて、正直困惑してもいるのですが、とりあえず、来週の再診までは実行してみようと思います。

…というのも、1か月を過ぎたあたりから、体重の増え方が少なくなってしまっているのが気になっていまして。

今までが30-40g/日という、爆発的な増加を見せてきたのもあるかもしれませんが、1か月以降は16g/日まで減ってしまいました。

ちゃんと飲めていないのかなー、出ていないのかなー、と心配しています。

教えてもらった方法で、体重増加が増えればいいのですが。